プロテインの種類っていくつあるの?目的別にオススメのプロテインを徹底解説!

筋トレ

今や健康ブームな時代になってきまして、筋トレやダイエットを始める方が増えてきています。


そこでよく用いられるのがプロテインです。

スポーツ店などでプロテインは販売されていますが、結構いろいろな種類のプロテインが売られてます。


なんとなくでプロテインを選んでる方や、どれを選んでいいか分からない、という方も多いんじゃないでしょうか。


筋トレをしてる方にはこのプロテイン、ダイエットの方にはこのプロテイン、のように用途に合った種類のプロテインを飲むことでより効果的になるものです。


今回は、プロテインの種類を解説していき、目的別でオススメのプロテインをご紹介していきたいと思います。

プロテインって何種類あるの?

プロテインには大きく、ホエイプロテインカゼインプロテインソイプロテインの3種類に分類されます。


スポーツ用品店などで目にしたことはあるかと思いますが、プロテインってホントにいろんな種類が売られています。


売られているプロテインのパッケージをよく見てみると、ホエイカゼインソイのどのプロテインなのか記載されています。


興味がある方は1度見てみてはいかがでしょか。


それでは1つずつ分かりやすく解説していきます。

・ホエイプロテイン


まず一般的にプロテインと言えばホエイプロテインのことをイメージすることが多いですね。


ホエイとは牛乳から乳脂肪とカゼインを取り除いたものを指します。

なのでホエイプロテインといえば、脂肪分がない牛乳とイメージすると分かりやすいかもしれません。


脂肪分などを取り除いている分味はとても淡白です。

特徴は、消化吸収速度が速く胃に負担がかかりにくいことです。


すぐにタンパク質を摂りたい朝や筋トレ後によく飲まれています。

・カゼインプロテイン


カゼインとは牛乳のタンパク質の8割を占めているのもです。


また粘り気も強く固まりやす性質を持っています。

特徴は、ホエイプロテインの逆で、消化吸収が緩やかで腹持ちがいいとことです。


腹持ちがいいので、ダイエット中によく飲まれたりします。


また寝ている間はタンパク質が枯渇しているので、寝る前にも飲まれることが多いです。

・ソイプロテイン


ソイとは大豆のことを指し、大豆に含まれる油脂などを取り除き、残りのタンパク質分を粉末状に加工したものをソイプロテインと呼びます。


特徴は、大豆を使用した植物性タンパク質なので、大豆イソフラボンが含まれておりホルモンバランスが整いやすくなります。


ホルモンバランスが乱れると加齢やストレスなどを感じやすくなります。


主に女性に飲まれることが多く、お肌の改善などにも効果的とされています。

結局どれを選べばいいの?

ここまでざっくりと3種類のプロテインを解説してきました。


ここから目的別にオススメのプロテインをご紹介します。

・こういう方はホエイプロテイン

  • バリバリ筋トレをしてマッチョを目指している方。
  • マッチョ程は筋肉はいらないが程よく筋肉質な体を目指している方。
  • ダイエットが目的だけど、筋トレも並行して少しは筋肉をつけたい方。

こういった方にはホエイプロテインがオススメです。


上記の3つに共通していることは、筋肉をつける、という行為です。

やはり筋肉をつけるには、吸収が速いホエイプロテインが効果的です。

・こういう方はカゼインプロテイン

  • 筋肉も欲しいがまずはダイエット。
  • お腹周りの脂肪を落としたい。

このようにダイエットが目的ならばカゼインプロテインがオススメです。


痩せる、脂肪を落とす、のようなダイエットに1番大切なのは食生活を改善することです。


食生活を改善しようとすると、1回で摂取するカロリーを減らしたり、脂っこい物を減らしたりします。


そうすると慣れてないから必ずお腹が減りますよね。

そういったときに吸収が遅いカゼインプロテインを飲むことで満腹感とまではいかなくても、空腹を乗り切れます。


そしてタンパク質も摂取できますから、筋肉量も増え代謝が上がり痩せやすい体になっていきます。

・こういう方はソイプロテイン

  • 体を引き締めつつ美容にも気を使いたい
  • 筋トレついでに肌荒れなどが気になる

ほとんど女性が対象となりますが、美容にも気を使いたい方はソイプロテインがオススメです。


上記でも説明していますが、ソイプロテインには大豆に多く含まれるイソフラボンが魅力的です。


ホルモンバランスを整え、腸内環境改善にも役立ちますので便秘なども解消されます。

また、あくまでもプロテインなので、しっかりタンパク質を摂取することができ、体が引き締まり美しいくびれも手に入れれます。

まとめ

ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3種類のプロテインを解説し、目的別にオススメのプロテインもご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。


ただ勘違いしてはいけないのが、プロテインさえ飲んでたら理想の体になるとは思ってはいけません。

しっかりとした食生活、定期的な運動、そして筋トレ、これらをきちんと行った上でプロテインを飲むことに意味があります。


普段の生活にこれらを取り入れることはなかなか難しいかもしれませんが、少しでも理想の体になるように努力をしてみてはいかがでしょうか。


そしてこの情報が皆さんの役に立つことを願います。