ジムに行きたいけど初心者だから行きにくい方必見!実際にジムってどんな感じなのか解説

筋トレ

筋トレを始めようと思ったらまずはトレーニングジムに通おうとするのではないでしょうか。

ですが、トレーニングジムはマッチョの人ばかりで初心者のうちは行きにくい、と思ってなかなかジムに通う決心ができないかと思います。

また、初心者だからマッチョの人達から目の敵にされるんじゃないかと心配されてる方も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、ジム歴5年目の筆者が、実際トレーニングジムってどんなところなのか、通っている人たちはどんな人なのかを解説していきたいと思います。

初心者でもジムに通って大丈夫?

筋トレを始めようとした時や、始めたての頃はどうしても筋肉量が少なく細かったり、逆に太っていたりして、ジムに通いたいと思っても

「マッチョの人たちの邪魔になって威圧的な態度をとられないか」

「筋肉が全然ないから笑われたりしないか」

などの不安要素がたくさんあり、ジムの会員登録になかなか踏み出せないでいるのではないでしょうか。

結論から言うと、例外を除いてはマナーさえ守っていれば、まず大丈夫!です。

そもそもジムに通うのに筋肉量とか関係なく、誰でも隔てなく通えるとこでしょ!!

と言いたいのですが、やはり世の中には心の狭い人、自己中心的な人、他人のことを考えれない人は一定数存在します。

そういった方って言うのは、威圧的に歩いたり、威嚇するように器具を扱ったりで、筋トレ初心者からしたらたまったもんじゃありません。

こういう方を見て、筋トレ初心者の方が委縮してジムに通いにくくなっていると僕は思います。

またこういう方のせいで、「筋トレをしてるマッチョは怖い」などのマイナスなイメージがついている可能性も考えられます。

このような人はどこのジムでも必ず一定数いると言っていいでしょう。

なので、確かに少し怖いと思う気持ちは分かりますが、全く気にする必要はありません。

「自分は体を鍛えるためにジムに来てるんだ」

ということを心に刻み相手にしないようにしましょう。

ジムのマナーってどんなこと?

トレーニングジムにはいくつかマナーが存在します。

みんなで使うところなので当然ですよね。

少なくとも、これさえ守ってれば大丈夫というマナーを紹介します。

  • 器具を独占しない
  • 使い終わった器具は拭く
  • 大きな声で私語をしない
  • インターバル中にスマホを触らない
  • 器具を床などに置くときは静かに置く

こんなところでしょうか。

厳密には他にもジムによってさまざまなルールはありますが、この辺を守っていたら目をつけられたりすることは確実にありません。

まぁどれも常識中の常識ですけどね。

ですがこれを守れないチンパンジーもよく見ます。

動物園に電話しようかと迷っている今日この頃。

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

・-器具を独占しない

トレーニングジムには様々な器具がありますが、どれも数が限られています。

特にベンチプレスなどを行えるパワーラックは数が少なく、そのうえとても人気の器具となります。

みんなそれを目当てに来てると言っても過言ではありません。

ジム内が込み合っている時に、そういった1つの器具を、1時間以上独占していると、周りから、「あいつマジか!」みたいな目で見られます。

これは、初心者、マッチョ関係なく迷惑でマナー違反です。

僕の通っているジムでは、混雑時器具の占領は20分までと決まっています。

まぁ正直、20分だと筋肉に効かすことはなかなかできないので、30~40分くらいは暗黙のルールで大丈夫なところは多いですし、それくらいは許容範囲です。(20分以内で終わらせている方はあまり見かけません)

ですが1時間以上になるとこれはどう考えても使いすぎです。

周りのことを考えない自己中心な人です。

器具を使う際は、周りの混雑状況を確認して長時間占領しないように気を付けましょう。

・使い終わった器具は拭く

ダンベルやベンチ、ケーブルマシンなどを使用した際-には、近くに専用のタオルやウエットペーパーなどが用意されているので、器具や触ったところを必ず拭きましょう。

汗をかいていない、少ししか触ってない、汚れていないなどは関係ありません。

衛生的にも次に使う人のことを考えて、必ず拭くようにしてください。

ちょいちょい器具を拭かずに去っていく方も見かけますが、「常識が欠如してるな~」と心の中で思います。

・大きな声で私語をしない

ジムに友達などと来ている方に多いのですが、大きな声で私語をしている方がいます。

基本的にジムには1人で来ている方が多く、集中して筋トレに取り組んでいます。

話し声などが聞こえると集中力が乱されて鬱陶しいと思われることがあります。

話すこと自体は大丈夫ですが、声のボリュームには気を付けましょう。

またジムもそこまで広くないこともあるので、小さく話しているつもりでもうるさいと感じる方もいるので、そういったところにも配慮するようにしましょう。

また、私語ではないのですが、トレーニングの最中にうめき声のような声を出すのもやめましょう。

「ふんっ!ふんっ!」や「ぬぅわ!」のようななんとも表しがたい声です。

重たい重量や追い込んでいるときなど、声を出したい気持ちも分かりますが、これもとてもうるさく周りは迷惑していますので気を付けましょう。

・インターバル中にスマホを触らない

トレーニング中のセット間にインターバル(休憩)を取りますが、この時にスマホなどを操作しないようにしましょう。

正直休憩中に何をしようが個人の自由だし、スマホを触ろうが触らまいが経過する時間は変わりませんので、何とも微妙なところなんですよね。

ですが、インターバル中に筋トレと関係ない動画を見ている方は周りから、「インターバル中に何してんだ?」と思われることはあります。(筋トレの解説動画などだったら大丈夫かな)

真剣にトレーニングをしている方からしたら、ちょっと目につくのでしょう。

僕自身もこういう方を見ると「おいおい、インターバル中だろ?」と心の中で思ってしまいます。

また、スマホに集中しすぎてインターバル時間が長くなっている人を見ると、少し腹が立ちます。

その器具を使いたい人もいる中でのこういった行動はあり得ません。

おそらく、そんな人を見てきたから、スマホを触っていると「おいおい」と思うのでしょう。

まぁそれ以前に、トレーニングに関係のない動画が見たいのなら帰ってから見ろ、って話ですけどね。完全に場違いです。

30秒くらいのラインの返事程度なら大丈夫ですが、基本的にはインターバル中にスマホを触らないようにしましょう。

・器具を床などに置くときは静かに置く

これも当たり前ですが、器具は静かに戻しましょう。

よくダンベルなどを床に「ドン」と落とすように置く方や、バーベルを戻すときも「ガシャン」と大きな音を立てて戻す方もいますが、これもとてもうるさく迷惑です。

音もそうなのですが、器具も傷んでしまいますので気を付けるようにしましょう。

確かにトレーニングの最後は力を使い切っているので戻す余力がないのは分かりますが、それでも大きな音を立てていいという理由にはなりません。

そんなに自由にやりたいのなら、自分の家に防音室を作りそこで思う存分すればいいと思います。

以上、特に気を付けるべきマナーでした。

上記で紹介したマナーを守っていれば、目をつけられたり、白い目で見られることはないので、安心してジムに通えます。

まぁ普通に考えても、当たり前のことなので大丈夫だと思いますが、これを守れないチンパンジーは存在します。

どうにかならないものなのでしょうかね~。

筋トレをしてる方に話しかけていいの?

ジムには様々な器具が置いてあり、入会時に使用方法などを説明してもらえますが、すべて理解するのは筋トレ初心者にはなかなか難しいと思います。

そこで、ジムにはマッチョな方がいるので、器具の使い方や、トレーニング方法などを聞いてみたくなるかもしれません。

ですが、正直に言いますと、あまりマッチョな人たちに話しかけるのはしないほうがいいでしょう。

(*マッチョの人たちが怖いからというわけではございません)

話かけたからと言って、無視されたり、怒鳴られたりすることはほぼないと思いますし、ほとんどの方は優しく教えてくれると思いますが、彼らは真剣に筋トレをしており集中もしていて自分のリズムでトレーニングをしているので、話かけることでリズムが少し崩れたりもするので、分からないことがあれば自分で調べるなり、ジムのトレーナーの方に聞くことをオススメします。

またインターバル中であっても、そこも含めて”筋トレ”なので、「インターバル中だから大丈夫」ということはないので注意しましょう。

「ジムで筋トレ仲間を増やすためにもどうしても話したい!」という方は、数か月ジムに通っていたら、よく来る人などは、顔なじみにもなってくるので、そういう場合は相手も同じように、「この人また来てる」と思っているので、そうなった時に話しかけるとスムーズに会話が弾むとことでしょう。

まとめ

筋トレ初心者でジムに行きたいけど大丈夫かな、と心配されている方も多いと思いますが、上記で説明した通りのマナーさえ守っていたら、何か言われることもなく安心してトレーニングすることが出来ますので、そこを意識するようにしましょう。

また、一定数は常識が分からない人もいるので、そのことも頭に入れて置いたら、へんに怖がることもなくなると思いますので意識しておきましょう。

また、マッチョの人たちもほとんどの方は、昔は細かったという人が多いので、そんなに目の敵にされることはないと思いますので安心してください。

そしてマッチョになる為には、ジムは必要になってくるので、今すぐにでもジムに入会して鍛えるようにしましょう。